Profile

Profile
HYDE(L'Arc~en~Ciel)とK.A.Z(Oblivion Dust)が、2008年に結成。
VAMPSの代名詞となった全国のZEPPを中心に連続公演を行う "籠城型ツアー" をはじめ、アリーナ公演、野外公演、そして自身が主宰するハロウィンライヴイベントなど、多彩なスタイルのステージを展開している。
結成当初より海外に照準を合わせ、2009年 U.S.A. 10公演、2010年には アジア・ヨーロッパ・北米・南米を駆け抜けるワールドツアーを敢行。
2013年、ユニバーサル・ミュージック/デリシャス・デリ・レコーズへの移籍を発表、さらに世界規模のコンサート興行カンパニー“Live Nation”との提携を表明し、海外進出への大きな飛躍を遂げる。
2013年後半のヨーロッパ・アメリカツアー、2014年3月ロンドン公演、6月イギリスの大型野外ロック・フェスへの出演など精力的に海外展開を行う一方、同年10月29日には、約4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『BLOODSUCKERS』をリリースし、直後から約半年間の国内ツアーを実施。さらに、2015年2月には、国内外のロックアーティストを招いて日本武道館でロック・フェスを主宰し成功裏に終える。その後、SIXX:A.M.のサポートアクトとしての全米ツアーやアメリカの野外ロック・フェスへの出演、ニューヨークのヘッドラインショウ、JAPAN NIGHT・JAPAN EXPO等のイベント出演、さらに中南米をまわるラテンアメリカツアー、北米公演、ApocalypticaのスペシャルゲストとしてのUKツアー等のめまぐるしい海外活動と並行し、国内では恒例の野外ライヴ、ハロウィンライヴイベントや”籠城型”ツアーを行った。
2016年1月には、世界中のトップアーティストが出演してきた伝統のアコースティックライヴ「MTV Unplugged」に出演。その公演の模様を完全パッケージ化した『MTV Unplugged: VAMPS』をVAMPSの記念すべき10枚目の映像作品として6月29日リリース。
さらに、8月31日には、アメリカの大ヒット・プロデューサー、ハワード・ベンソンを迎えて海外で制作され、VAMPSの新境地を切り拓く11th Single「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」をリリースした。
モトリー・クルーらを抱えるアメリカの大手マネージメント、10th Street Entertainmentと契約を結び、これまで以上に精力的に海外での音楽制作やライヴ活動を行うことを発表している。 国内でも、恒例の”籠城型”ライヴハウスツアーや野外ライヴイベント、ハロウィンライヴイベントを開催する等、第一線で活動中。
 
Hyde-20160722
HYDE

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)のヴォーカリスト。
2001年10月17日のソロデビュー以降、精力的に活動を続けている。
2005年には、映画「NANA」の主題歌「GLAMOROUS SKY」を楽曲提供し大きな話題となった。
シングル『evergreen』『HELLO』『COUNTDOWN』『SEASON'S CALL』はオリコン初登場1位を獲得。2006年4月、3rdアルバム『FAITH』のリリースと同時に、ソロ史上最長かつ最多公演数(全50公演)となる全国ツアー「HYDE TOUR 2006 FAITH」を敢行し、全会場SOLD OUTさせ大成功を収めた。また、同時期にアメリカ西海岸4ヶ所で各2,000CAPのライヴを敢行。日本同様チケットがSOLD OUTし、現地でも入手困難な状況になった。
2009年3月には自身の名を冠した初のベスト・アルバム『HYDE』をリリースした。
2012年1月29日、自身初のオフィシャル書籍『THE HYDE』を出版した。

Kaz-20160722
K.A.Z

1996年「Oblivion Dust」を結成、翌年デビュー。ギター・作曲を担当。
「hide with Spread Beaver」(ギター参加)「Spin Aqua」(土屋アンナとのユニット)を経て、2003年からはHYDEの楽曲のプロデュースを共同で手がける。
HYDE 3rdアルバム「FAITH」ではシングル「SEASON'S CALL」を含む5曲を作曲、全曲を共同プロデュースと強力なタッグを組んでいる。
映画&アニメ「デトロイト・メタル・シティ」の主題歌「SATSUGAI」の楽曲提供で大きな話題となる。
現在もさまざまな活動と平行して「Oblivion Dust」での活動も継続中。